まさかのドライブ!?はじめての月ヶ瀬

先日は夫のお誘いで、ホテル日航奈良の和洋モーニングバイキングへ

P1080934.jpg

ランチバイキングと違って、朝のお客さんはほとんどが宿泊客。
海外からのお客さんが多かったですね、やっぱり。

朝からバイキング、、、そんなに食べれるかしら?と思いながらも、見るとあれこれ食べたくなって。
飛鳥鍋を豆乳でアレンジした豆乳鍋や茶がゆや柿の葉寿司、興福寺の粕汁と言った奈良ならではのメニューの他に煮物や焼き魚、洋食メニュー。
もう朝からお腹いっぱいでした~

P1080930.jpg


P1080932.jpg

食事を終えて、JR奈良駅方面をぶらぶら。
「一度JRで月ヶ瀬方面とか行ってみたいわ」と私が言うと、「じゃあこれから行ってみる?」と夫。
でも良く考えたら、何も知らずに行くのもねぇ?ってことで、急きょ月ヶ瀬方面へのドライブとなりました。

思いっきり季節はずれの緑一色の月ヶ瀬
ここら辺一体が梅の季節はピンクに染まるのよね~~~?
まぁ、夏は夏の良さもあるけれど、やっぱり月ヶ瀬と言えばねぇ、、、

P10809362.jpg

ここは八幡橋?かな?
家に帰って地図で確認してみました。

P1080942.jpg

橋のすぐ近くにあったお土産物やさんで、月ヶ瀬のお茶と野菜を買って、
大和茶アイスを食べて帰りましたよ。。。
まぁ、月ヶ瀬と言えばお茶も有名ですもんね。
途中、あちこちに茶畑がありました。
このあたりで、美味しい月ヶ瀬のお茶が作られるんですね!

P1080943.jpg


と言うわけで、まさかの月ヶ瀬ドライブ終了。

なんか吉野と言い、月ヶ瀬と言い、季節はずれにばかり訪れている私たち。
道も空いていていいんだけれど、やっぱり一度はメインシーズンの頃に訪れたいものです


針テラスへ行って来ました(冷や汗もんで)

3月の終わり、前からちょっと気になっていた 『 針テラス 』 に行こう!ってことに。
ナビを設定すると、いくつものコースが出てきて、
夫が選んだのが一番早く?(距離の短い)行けるコース。

白毫寺の横を通り、高円山のドライブウェイを横目に、どんどん山の中へicon10
大丈夫~?この先 道あるの~?
と、ナビの地図にヘリポートが見えてくる。
あっ、ヘリポートの方を通るんだわ、、、
ってことは田原とかを通って、、、その先は???
え、これってどんどん山の中入っていくんじゃないの?

ほらやっぱり!やがて集落もなくなりほとんど山の中。
ガードレールもない細い山道をくねくねひたすら。
対向車きたらどうする?って道だけど、そんなもん来る気配まったくなし。

二人の心臓の音が聞こえちゃうか?ってくらいひっそり静まり返っている。
夫も私もだんだん無口になり、、、ついでにナビまで無口にface06
そりゃそうです、だって交差点もなければ横道もないんだから。
それよりもナビも気が利かないって言うか、ちょっとおバカと言うか、、、
「この道はあまりおススメしません」くらい言ってほしかったわicon11

私はナビをじっと見つめながら、「この先どこかで行き止まりだったらどうしよう?」
「大木が道路に横たわって通れましぇ~ん!なんてことになっていたりして、、、?」
色んなこと考えながら、とにかく「早くここから無事脱出できますように」と祈るのみ!

と、ようやく少し大きな道へ。車も走っている!
よし!針インターの看板も見えてたぁicon10
ドキドキひやひやのスリル満点ドライブを経てようやく 『 針テラス 』 に到着。
あ~~~疲れたicon10 「誰だ!?こんな道選んだの、、、?」と横目でチラリface07






はじめての「針テラス」そうか、ここはほんとに道の駅って感じ。
針インターのところにあるわけだからね。
それにしてもバイクのお兄さんたちがいっぱいで、、、ちょっと圧倒されるくらい。

私の目的は新鮮野菜を売っている「とれしゃき市場」



山盛りの野菜と、めずらしい柿ジャムや柿の奈良漬けなどなどお買い物。

お昼ごはんは屋台でいい匂いを振りまいていた玉こんにゃく串と海老マヨ串と栗ソフト。
ヘルシーなのか、そ~じゃないのか?よくわからないお昼ごはん。
でも、みんな美味しかったですよ~!



温泉とかイチゴ狩り出来る施設もあったけれど、
この日はさらっとお買い物で終了。
なんか疲れちゃって、、、icon10

帰り?もちろん安全快適な25号線を通って帰りましたよicon22

それにしても、スリル満点の山中を脱出する手前で、一台の軽トラとその横で地元のおじさんらしき人が何か作業していて、あの時振り返ったおじさんの顔!
目をまん丸くして口をポッカリ開けてface08
で私は「あ~やっぱり通っちゃいけない道だったのね、、、」って確信したのでした。



針テラス
住所 奈良県奈良市針町345
TEL 0743-82-5533
   0743-82-5633


初えびす 南市恵毘須神社・商売繁盛

昨日、お友達と南市恵毘須神社の 『 初えびす 』 にはじめて行って来ました。
お友達に教えてもらうまで、あんなところに神社があるなんて全く知らなくて、、、
奈良町の細い路地の間にあるんですけどね。




「えべっさん」と言えば、何十年も前に大阪の今宮戎と堀川戎に行ったきり。
それに比べると規模は小さいけれど、細い路地には長蛇の列が出来るほどの賑わいで。






お友達も私も自営業なので、しっかりお参りしてきました。
吉兆笹も買いましたが、私の、、、やけに特大でface08
「いっぱい福を持って帰って!」って手渡されたけれど~



飾りが少なすぎて、、、いや、笹が大きすぎるんだけどicon10ちょっとサビシイ感じ?



何はともあれ、商売繁盛は大切なことですからねぇ。。。
今年一年またがんばらなくちゃ!





特別展 頼朝と重源・奈良国立博物館

鎌倉で発掘の仕事をしている友達からチケットが2枚送られてきました。
今、奈良国立博物館で開催中の
       特別展 『 頼朝と重源  東大寺復興を支えた鎌倉と奈良の絆』のチケット。



奈良の展覧会のチケットを鎌倉の友達からもらうって、、、
これも頼朝と東大寺の縁ですねface02

朝日新聞にこんな記事が載ってました。

《イメージ戦略》
平氏によって焼かれた南都(奈良)を復興する。とりわけ、ほとんどが灰となった国家鎮護の寺・東大寺をよみがえらせることができれば、平氏に代わる新時代の力であることを国中に印象づけられるはずだ。 源氏の頭領、頼朝にそんな思いがあったことは間違いない。

ふ~ん、なるほどね。
先日、吉野で義経と静御前の悲恋物語の場面を目の当たりにしたばかりなので、
何だかちょっと頼朝のイメージが、、、face07

そんなことを思いながら、この間の金曜日に夫と行って来ました。




平日の午後だったせいか、来場者は比較的少なめ。
ゆったりと観ることができましたよ。

まずはこちらの方から、、、

                         後白河法皇坐像




                                    (展覧会のチラシより)




国宝 重源上人坐像











                               国宝 源頼朝像



やっぱり偉業を成し遂げたお方は、りっぱなお顔されてますね!
重源の後を受けて再興事業を行った栄西や行勇もいいお顔されてました。

多くの宝物や仏像もありましたが、
再興の経過を伝える品々も多く展示されていたので、わかりやすかったです。

それにしても半世紀余りに及ぶ再興、、、ってすごいことですね。


昨日は24時間テレビやっていましたね。
東北の人たちの話題も多く取り上げられていたようですが、こんな時だけでなく、もっともっと長い目で再興に向けて頑張らないといけないんですよね。

昔の人たちに負けてはいられませんicon21


奈良国立博物館
特別展 頼朝と重源 東大寺再興を支えた鎌倉と奈良の絆
平成24年7月21日(土)~平成24年9月17日(月・祝)



夏の吉野へ・吉水神社と如意輪寺

吉野観光2日目は、旅館のすぐ近くにある 『 吉水神社 』 へ。



この神社は、かつて後醍醐天皇南朝の皇居だったところ。
後醍醐天皇はじめ楠木正成、源義経と静御前、弁慶、豊臣秀吉公などなど有名どころゆかりの地。百二十数点の重要文化財や秘宝がいっぱい。
南朝の資料に関しては全国一多く、一般に重要文化財の宝庫と言われているそうですよ。




                     「後醍醐天皇玉座」




        「義経潜居の間」                   「弁慶思案の間」




                    「蝉丸が所持していた琵琶」



                   狩野永徳筆 『桜の図』 



           
     豊臣秀吉公はかなり盛大に花見の宴を行ったようですね~icon68icon68icon68








吉水神社、ほんと見どころいっぱい。
ここが義経と静御前の大ロマンスの舞台だったわけですよね、、、
何だかぐっとこみ上げてくるものがありました。
でも、ちょっぴり「スターのお宅拝見」したような気分も(笑)
あっ、そうそう、こちらはこんなお宝があるにもかかわらず写真OKだったので、ビックリ!
なおさらテンション上がりましたicon14

このあと車で奥千本にある金峯神社、義経隠れ塔へ。

こんな山奥の真っ暗なところに身を潜めていたんですね~face06

そして奥千本から下りの道、道幅も狭いし急坂だし、、、かなり怖かったですicon10
自分は運転できないくせに、人の運転も怖くて、、、
ずっとドアに手をかけてましたね、何となく(笑)






そして中千本の自動車道から横道の急坂を降りたところにあるのが 『 如意輪寺 』




こちらは醍醐天皇と楠木正行に縁の深いお寺。
後醍醐天皇陵があったり、楠公父子の石像があったりします。
山の中腹にあるので、桜の頃はさぞかし綺麗なんでしょうね~






美しい桜の季節ではなかったけれど、
歴史の色んなシーンに出会えて楽しかったですよ。

こうして吉野をあとにして次に向かったのは、、、?

夏の吉野へ・金峯山寺と矢的庵

お昼頃に吉野に着いた私たち。
チェックインまで時間があったので、車をおいて散策することに。

まずは吉野のシンボル、金峯山修験本宗 総本山の 『 金峯山寺 』 へ。

木造古建築としては東大寺大仏殿に次ぐ大きさと言う蔵王堂(国宝)。
その威風堂々のたたずまいに圧倒されました。



あまりの暑さと空腹で、全部まわる気力が出ず、とりあえず本堂だけ参拝して次へicon10

どこかで軽めのお昼ごはんを食べなくちゃ!とブラブラ歩いていると、
いい感じのお蕎麦屋さんを発見。

                『 矢的庵 』さん。



ここは、中千本にあるこだわりの手打ち蕎麦屋さんで、お蕎麦は信州産、お水は吉野の名水を利用しているのだとか!こしがあってしっかりしているけど、つるんと食べやすいお蕎麦でしたよ。美味しかったです!






古民家を利用したこのお店は『吉野建て』と言う山深い吉野地方独特の傾斜地利用の建築様式だそうで。道路に面した入口部分は平屋に見えるけれど、実際には2階建て、3階建てだったりするみたい。

このお店も実は階段?を降りていくと下にも客席が、、、
夏は涼しそうだったけれど、冬はめちゃ寒いとか(当たり前だけど、、、)





そして少し先に行ったところにあるのが 『 竹林院群芳園 』




こちらの庭園は大和三庭園のひとつだそうで、太閤秀吉が吉野山の桜の花見に際して千利休が作庭し、 一説には細川幽斎が改修したといわれている池泉回遊式の借景庭園です。
かつて修験道に努める山伏の宿坊だったところで、今でも旅館として営業されています。
庭園鑑賞(有料)だけもOK。






中千本あたりをぐるりと回って帰り道。
何か太ももがチクチクすると思ったら、こんな虫がーーー!?
「ウギャァ~~!」と一応叫んだりして、おもむろに太ももを上げてパチリ。
もしかして大木に間違えられたか?私の太もも?face03
ところでこの虫は何もの?



そして道端にはこんな虫も、、、これはカナブンかな?と思ったけれど、
夫は「違うでしょう」と、、、face07   じゃあ、なに?
まったく、花も昆虫もオンチな二人です。。。







帰り際、あまりの暑さに茶屋でひと休み。

外でかき氷なんて何年振りかしら?
久し振りの宇治金時、、、美味しかったぁ~face02
こんな景色の中で食べるかき氷はまた格別です。

続きはまた次回・・・



矢的庵

竹林院群芳園

夏の吉野へ・絶景の露天風呂 湯元 宝の家

自営業の我が家。
連休も夏休みも普段と変わらずダラダラとicon10

「ちょこっと近場の温泉でも行かない?」ってことになって、急きょ決まった吉野行き。

吉野は通過したことはあるけれど、じっくり歩いたことのない場所。
そりゃあ桜の頃がいちばん!それか紅葉の頃?
でも人が多そうで、、、icon10 まだ行ったことがなかった。

と言うわけで、夏の吉野へicon17



実は多少の涼も期待していたけれど、、、甘かったicon10
お天気にも恵まれてアツイ、アツイicon01

お世話になった宿は、露天風呂が本の表紙を飾ったこともある『 湯元 宝の家 』 さん。

                      『 阿吽の湯 』



桜の季節はほんと素晴らしいみたいです。
真夏のこの時期でさえ、この絶景ですから!

美味しい料理と気持ちの良い温泉、ここまでは都心近郊でも味わえるけれど、
歴史ロマンあふれる大自然付きとなると地域限定ですよね!?
そうゆう意味では、時空を超えた贅沢な旅~icon12

もっと時間がかかるかと思ったら、意外!
1時間半くらいで来ちゃうんですねface08











奈良の美味しいもの大集合の晩御飯。
太っちょの桜鮎が美味しかったぁ~icon22

それにしても奈良の名産品ってヘルシーでいいですね。

旅館には八尾児童合唱団の子どもたちも宿泊中、、、合宿?何だかリッチですよねぇ?face02
テラスに出て外を眺めていると、上の階から爽やかな歌声がicon61
いいねいいね、ちょっと得した気分!


ただ、夏の祭事 吉野山納涼 桜燈火 が終わった翌日と言う間の悪い私たちface07
観光客は少なめだし温泉街も静かで、、、それはそれで良かったと言うことにしておこう。。。

一泊二日の短い時間だったけれど、
めいっぱい楽しんできました。

続きはまた次回~



住所 奈良県吉野郡吉野町吉野山937
TEL 07463-2-5121

かげろう座 2012

奈良は五條市のイベント 『 かげろう座 』
歴史ある宿場町の町並みで大々的に行われているフリーマーケット!
20回目を迎えた今年で、いままで規模での開催はファイナルだと言うので、
ちょっと遠いけれど、ガンバって行ってきましたよ~icon10



10時半頃に五条駅に降り立って、メイン会場方面へ
もうすでにこんなに沢山の人が、、、












とにかくすごいお店の数、、、そして人、人、人face08
手作りの布製品、木工品、陶器、ガラス細工、グリーンなどなど、、、バラエティーに富んでいました。
あちこちで音楽ライブも行われていて賑やかicon61

前にかぎろひさんが紹介されていたお饅頭屋さんも見つけましたよ!
でもすごい行列が出来ていたので、買うのはあきらめましたicon11






まぁ、見応えありましたね~
って言うかたぶん全部見きれなかったと思いますよ。
人の多さと暑さとで、お昼過ぎには五条の駅に戻りました。

確かにこんな規模になると関係者の方は本当に大変なのでしょう。
でも温かみのある素敵なイベントですから、どんな形であれ出来れば続いてほしいです。
周りで言うのは簡単ですが、、、汗


それにしても五條市って、やっぱり遠い~face03
はじめてだからなおさらそう感じたのかも、、、
でも、今度はいつもの五條の町並みを歩いてみたいなぁ、、、

よし、また頑張って行かなくちゃ!


ムジークフェストなら2012・奈良が音楽で染まる11日間

この間、県立美術館へ行く途中の道にこんな看板があちこちにicon61
11日間も音楽フェスタが?
へぇ~!何だか楽しそうicon12と思ってチラシをもらって帰りました。

              『 ムジークフェストなら2012 』

                       6月14日(木)~24日(日)



奈良が音楽で染まる 11日間♪ 
60以上のコンサートで街中が音楽漬けface05



世界遺産や寺社、奈良のまちのあちこちで奏でられる音楽祭icon61



有料のもの、無料でも申し込みが必要なものもあるみたいです。
興味のある方はこちらをご覧くださいね。(ボランティアスタッフさんも募集中みたいです)

オープニングはドイツ音楽を楽しむ2日間。
その後は、奈良にゆかりのあるアーティスト中心に、大小様々なコンサートが開催されます。クラシックからフォークソング、民族音楽、ジャズなどなどicon61ジャンルもいろいろ。

私は残念なことに北海道旅行にぶつかっています。
でも、丸々かぶっているわけではないので、少しは楽しめそうです。
あ~今からとっても楽しみface02
23日の「ビッグバンド・ジャズ・ナイト」の入場券はすでにGet済みicon22


藤城清治 影絵展 ・ 奈良県立美術館

GW真っ只中の4日に奈良県立美術館で開催中の
    
のファンタジー  『 藤城清治 影絵展 』 へ行って来ました。



                                    (チケットより)

実は美味百花のバンビーノさんがブログで紹介されていたので行こうと思ったのですが、混んでいるとわかっていながら、のこのこ4日なんかに行ってしまいましたface07
でもちょっと時間が早かったせいか10分待ちで入場できたのでラッキー。




                                 (ポストカードより)

藤城清治さんの作品って、テレビや絵本などで誰もが一度は目にしてますよね~icon12
繊細で色彩豊かでメルヘンチックなイメージはあったんですが、、、
作品の中には、実在する建物や風景、聖書をテーマにしたものもあってビックリ!
特に私は広島の原爆ドームを描いた作品が印象的でした。



                                 (ポストカードより)

200点を超える作品は見応えあり!夢あり!迫力あり!
奥の深さにちょっと感動しました。

88歳になられても今なお精力的に創作活動をされて、人々に夢と希望、そして 癒しを与え続けている藤城清治さん。 素敵です。

お時間ありましたらぜひひ足を運んでくださいね。


藤城清治 影絵展・奈良県立美術館
4月7日(土)~6月24日(日)



sidetitleFC2ブログランキングsidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

かなで

Author:かなで
7年前に縁あって奈良の住人になりました。ゆっくり時間の流れる古都奈良の端っこで夫と私とトイプードルのルイタンと3人で暮らしています。

sidetitleアクセス数sidetitle
sidetitle楽天ショッピングsidetitle
sidetitle脱毛サロンエピレsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleお店エリアsidetitle
富雄 学園前 登美ヶ丘 あやめ池 大和西大寺 新大宮 近鉄奈良 JR奈良 ならやま大通り 奈良町 押熊 生駒 京都 大阪 神戸 東京 奈良の名産&お土産