fc2ブログ

長弓寺・お墓参り

今日のあだーじょは

ならやま大通り真弓にある『 長弓寺へお墓参り 』 です。



昨日、義母の病院へ付き添った帰りに
皆で長弓寺へ義父のお墓参りに行って来ました。

雑木林の中にひっそりと佇む本堂(1279年建立)は国宝。
その歴史ある建物は入母屋造りで、反り返った曲線部分がとっても美しいのです。
いつ見ても惚れ惚れする佇まいです。

本堂の横を通って少し上がった山の上に義父のお墓があるのです。
リハビリ中の義母も頑張って自力で上がってくれて、
皆でしっかりお参りすることが出来ました。

長弓寺さんではいつもの何倍もしっかりお参りして来ましたよicon22
そして、帰り際に入口付近でこんな貼紙を見つけました。





                 試練に耐えた分だけ
                
                 人は賢く  そして
 
                   優しくなれる







長弓寺
住所 奈良県生駒市上町4446番地
電話 0743-78-2468


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

かなでさんおはようございます!!
東北の被災者の方々にこの言葉をかけて励ましてあげたいですね。
以前読んだ本の中に「人間は失敗や苦難にあうと、新しいものの見方が出来るようになり、考える力が育ってきます」また「たくさん失敗や苦難にあった子ほどとり返しの付かない失敗はしないものです」とありました。
今回の舌絶に尽くしがたい被害にあわれた被災者の方々には厳しい言葉になるかと思いますが、できるだけ明るく前向きに先への希望を胸に、必ず復興させるという強い気持ちを持ち続けてほしいと思って居ります。
被災された方々が復興への意欲を持ち続けるには、私達も長い目で気持ちで応援し続けることが必要だと思って居ります。
復興には5年10年かかると思います。
かなでさんの息子さんお元気にしていらっしゃいますか、この苦難をバネにきっときっと以前より強くたくましくなられると思います、その日が早く訪れ皆さんが心から笑える日が一日も早く訪れますようにお祈りしております。

こんばんは
長弓寺さんの本堂はほんとうに美しくて、何度となくお参りしたいお寺のひとつです。
お墓があるなんて、ちょっとうらやましいな。
ここの鐘の音も余韻がそれは長くて心にのこります。
試練に耐えた分だけ 人は賢く そして優しくなれる
いいお言葉ですね。                                  

まほろばさん、おはようございます。
昨日はちょっと体調崩してしまい、、、すみません。
いろいろ励ましの言葉はあると思いますが、
今回の被災者の方々には、厳しい言葉に聞こえてしまうでしょうか、、、今の状況があまりにも大変な状況ですものね。
ほんとに皆で一緒に東北を、日本を復興させなければ!
息子たちはおかげさまで元気にはしておりますが、
長男の方は、まだガス・水道がダメなのでいろいろ不自由しているようです。
先日、やっと東北へ荷物が(個人で)送れる様になったので、
センターへ引取りにはなりますが、段ボール何箱か送りました。
ご心配いただいてありがとうございます。

かぎろひさん、おはようございます。
そう、確か前にも言われてましたよね!
あまり目立たないお寺のようですが、
意外とファンは多いようですね。
そう、鐘の音もいいですね。
いつも夫が撞いてます。

かんでさん今晩は。
今回被災された息子さんがいらっしゃるのに
厳しい励ましの言葉を引用してしまいましてすみません。
何にもできないもどかしさと被災された皆さんに復興への意欲を
持ち続けてほしいと日々願ってるものですから。お許しくださいね。
荷物が送れるようになって本当によかったですね。
あれもこれもと荷造りをされてるかなでさんの様子を想像して、
何か涙が出てしまいました。
今だけでなくこれから5年10年と被災に遭われた方々の復興を
願って、国も私たち国民も支援応援協力することが大切なのではと
毎日テレビを見ながら思って居ります。

まほろばさん、こんばんは!
いえいえ、そんなことは全然思っていないので
全くお気になさらないで下さいね。
息子たちは、幸いなことに命も家もあります。
もっと大変な思いをされている方は大勢いるわけで、、、
長男のところも水道が復旧し、あとはガスだけになりました。
お気遣いありがとうございます。
本当に、日に日に思いますね。
国民皆で復興に協力していかなければ!!と
sidetitleFC2ブログランキングsidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

かなで

Author:かなで
11年前に縁あって奈良の住人になりました。ゆっくり時間の流れる古都奈良の端っこで夫と私とトイプードルのルイタンと、、、黒白猫のマメタンと4人で暮らしています。

sidetitleアクセス数sidetitle
sidetitle楽天ショッピングsidetitle
sidetitle脱毛サロンエピレsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleお店エリアsidetitle
富雄 学園前 登美ヶ丘 あやめ池 大和西大寺 新大宮 近鉄奈良 JR奈良 ならやま大通り 奈良町 押熊 生駒 京都 大阪 神戸 東京 奈良の名産&お土産