清水の舞台・京都清水寺

今日のあだーじょは

久し振りに行った京都清水寺の

                 『 清水の舞台 』 です。



先日、実家の母と次男と行って来ました。

さすが京都!さすが清水寺!!
いつもより観光客は少なめとタクシーの運転手さんが言われていたけれど、
それでもすごい人、人、人icon10

清水の舞台icon12
久し振りでした。何年ぶりでしょう、、、?
でもこの時期はたぶん初めて。
緑がと~っても綺麗で、気持ちよかったですicon74

やっぱり迫力ありますよね「清水の舞台」




           「清水の舞台から飛び降りたつもりで」

思い切って大きな決断を下すたとえとして使われますよねぇ。

そう言えば最近そんなシチュエーションあったかしら?なんて、ふと考えたりして?
あっ、あれを買った時くらいかな?face06

それより、
昔はちょっと意味合いが違っていたようですね。

平安時代には、この清水の舞台から死体を谷に投げ捨てていたとか?
そして江戸時代には、「清水の舞台から飛び降りれば願いがかなう」と言う庶民信仰があり、
実際に飛び降り事件は234件もあったそうで。生存率は85,4パーセント!
明治時代に「飛び降り禁止令」が出され下火になったとのこと。

平安時代はちょっと悲しいようなこわいような、、、
江戸時代の人たちは本気モードだった?なんて思ったりしてicon10

ちょっとついさきほど軽々しく使ってしまったことを反省。
あんなものは清水寺の階段5段目から飛び降りた程度のことでしたface07


清水寺
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

かなでさん、こんにちは~!
清水さん(何故か関西人はこう呼ぶ)、私も大好きです。
私は京都といえばここの近辺しかあまり知らないんですが…。
この辺りが一番京都っぽくて、見るところがいっぱいあって
何度来ても飽きないと勝手に?思ってます。
清水さんから高台寺、八坂さんまで、お店を見ながらてくてく歩き回るのが楽しい♪
その間さんざん食べ歩いているのに、最後は必ず四条の「鍵善」で
くずきりを食べて帰ります。
京都に行くと必ず行くお気に入りなんです。
四条から清水さん目的に歩くことも多いんですが、その時は最初に寄るくらい(笑)
あ~、書いてたら本当に行きたくなってきました!!!
これからくずきりにいい季節ですもんね~。

かおかおさん、こんにちは♪
あっ、そうですね!
関西は「さん」つけますよね。
ほんと、あの辺りは京都らしくていいですね。
鍵善さんて、くずきりが美味しいんですか?
今度、京都へ行ったら食べてみます。
私は、月ヶ瀬のあんみつが好きで、、、
と言うか、あそこの寒天が好きですね。
やっぱり久し振りに京都に行くと、
お店も多いし、人も多いし、賑やかですね♪

こんばんは~!
鍵善良房っていうのが正式なお店の名前です。
本店は四条通沿い、八坂神社へ向かって左側の、よーじやのチョイ手前
(なんとアバウトな説明…)にありますよ~。
雰囲気は高台寺店の方がいいらしいんですが、私はまだ行ったことないんです。
超甘党の主人は、初めてここのくずきりを食べた時「このお椀の中で泳ぎたい」と言って喜んでました(笑)
ぜひぜひ今度行ってみてください。夏場は特に感動しますよ~。
しかし、清水の舞台の話…怖いです~。
何も考えてない私は、いつもテンション高くお参りしてました。
ははは…汗

かおかおさん、おはようございます!
よーじやのチョイ手前、、、はい、わかります(笑)
ご主人、楽しいですね♪お椀の中で泳ぎたいって~!
ますます行ってみたくなりました。

新緑の清水寺綺麗ですねえーマイナスイオンが、いっぱいです。
高校生の時、体操服と、ブルマで、清水寺の階段まで走って行ってたのを
思い出します。その頃は、そんなにたくさん人は、いてなかったです。って
何年前の、話やねん。
ひだまりさん、行かれたんですね。
鴫野には、似合わないかわいいお店でしょう。ほっこリします。

マエちゃん、おはようございます!
え~っ、ブルマ姿で清水寺、、、!?
あっ、そう言えば京都のご出身でしたっけ?
でも、何だかすごく羨ましい話ですよね~!
私もこの時期は初めてだったので、
新緑の美しさに感動でした。
ひだまりさん、ほんとに可愛いお店ですね。
教えていただいてありがとうございました♪
sidetitleFC2ブログランキングsidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

かなで

Author:かなで
7年前に縁あって奈良の住人になりました。ゆっくり時間の流れる古都奈良の端っこで夫と私とトイプードルのルイタンと3人で暮らしています。

sidetitleアクセス数sidetitle
sidetitle楽天ショッピングsidetitle
sidetitle脱毛サロンエピレsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleお店エリアsidetitle
富雄 学園前 登美ヶ丘 あやめ池 大和西大寺 新大宮 近鉄奈良 JR奈良 ならやま大通り 奈良町 押熊 生駒 京都 大阪 神戸 東京 奈良の名産&お土産