矢田丘陵遊歩道・秋のハイキング第二弾

今週のハイキングに夫が選んだ先は 『 矢田丘陵遊歩道 』
秋晴れの12日に行って来ました。

このハイキングコース、4つのゾーンに分かれていて、
この日の予定は『学習の森・自然体験ゾーン』~『遊びの森・いきいき回廊ゾーン』まで。
東生駒駅から萩の台駅までの遊歩道を歩くって言う感じでした(帰りはもちろん電車)
一応、こんなマップを片手に出かけて行ったんですけどね。



東生駒駅から少し南に行ったところにこんな標識が!
いよいよ遊歩道ハイキングのスタート。



まずは一気に231段の急な階段を上がりますicon10
ここまでは知っていました。
以前この方が紹介されていたのでね。



夫はこの階段の途中で早くも「足がイタイ、、、」と言い出してface08
早くも?って言うか、、、早いにも程があるんですけどface07
でも確かに231段の階段はキツかった、、、

とりあえず遊歩道まで上がって「展望広場」へ
生駒山方面の景色と近鉄奈良線の線路が見えてました。
う~ん、確かにそう感動する景色でも、、、(かぎろひさんのブログでも紹介されていたし)



さぁ、ここからが本当のスタート!
萩の台駅目指してがんばるぞーicon21(の筈だった、、、)

と夫が「タオル持ってきたら良かったなぁ、、、」と
「えっ?タオル持ってこなかったのface08?」
「うん、ハンカチは持ってきたんだけどね」
「えーーーーーーっ、山に登るのにタオル持ってこないってぇぇぇ!?」(へんな奴)  
しかたないので私の予備のタオルを渡す。
(夫が持ってきたのは、ねずみ色の縞々に赤のペイズリー柄の典型的なビジネスマンハンカチ!しかも小判icon10

さぁ、気を取り直してもう一度「がんばるぞー!」

でもこのコース、、、結構手強くて。
雑木林を主体に松林・植林が分布する典型的な山林とあったけれど、確かにその通りicon74
アップダウンもチョコチョコあって、「へェーヘェー、ゼイゼイ」icon10



なかなか休憩するようなポイントもなく、ひたすらズンズン歩く。
一部、通れない箇所があって迂回路を通ってまたコースにもどったあたりで人の声が、、、
作業のおじさん達?が大勢でお弁当を食べていた。
その人たちに「榁木峠から先はスズメバチがいっぱいだから気をつけた方がいい」と教えられ、ビビッた私たちは『遊びの森~』へは行かず、国道308を通って南生駒駅方面へicon16



そんなこんなで、、、お弁当も食べずに南生駒付近まで来てしまった私たち。
しかたがないので、景色の良いコンクリートの階段に座ってお弁当を食べることにicon10
こんな時に限って、おにぎりやおかずやフルーツまで持ってきちゃったもんだから、、、

6キロくらいは歩いたのかなぁ~それでも!?
ほど良い距離といえばほど良かったけれど、想像以上の道のり。
遊歩道ってことで、ちょっと甘く考えていたかも、、、(特に夫!)

自然いっぱいの山林コースは、なかなか気持ち良くて、いい運動にもなったけれど、、、

今回『学習の森・自然体験ゾーン』で学習したことは

「ハイキングにはタオルを持参すること」(夫)

「遊歩道を甘く見るな!人生そんなに甘くない!」

って感じでしょうか、、、


矢田丘陵遊歩道
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

うふふふ~(^^)/~~~
持ち物チェックしてあげなかったの?
しかし・・・奈良は色々ありますね~
大阪はそこまで行くのに時間がかかる(-_-;)
ご主人様、何回目でギブアップ?・・・(失礼な失言でしたm(__)m)

こんにちは!
ふふ、笑いながら拝読しました。楽しい。私なんか普段はいつも1人ですからね。うらやましい限り。
ご紹介ありがとうございます。
あれから、気になりながらも行けずにおります。
なかなか素敵な道のようですね。
誰かを誘って行ってみたいと思いまーす。

あんこさん、「こんばんは!
持ち物チェック?
してあげないですよ~いつも(笑)
夫は、、、黙々と私の後をついて来てましたよ。
タイムは何度かかかったけどね。

かぎろひさん、こんばんは。
かぎろひさんのブログ見てビックリ。
かれこれ1年近く経つんですねぇ~。
私もいつもは1人ですよ。
今回は夫の「体力づくりハイキング」に付き合っているんです。
今度、機会があったら歩いて見て下さい♪
sidetitleFC2ブログランキングsidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

かなで

Author:かなで
7年前に縁あって奈良の住人になりました。ゆっくり時間の流れる古都奈良の端っこで夫と私とトイプードルのルイタンと3人で暮らしています。

sidetitleアクセス数sidetitle
sidetitle楽天ショッピングsidetitle
sidetitle脱毛サロンエピレsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleお店エリアsidetitle
富雄 学園前 登美ヶ丘 あやめ池 大和西大寺 新大宮 近鉄奈良 JR奈良 ならやま大通り 奈良町 押熊 生駒 京都 大阪 神戸 東京 奈良の名産&お土産