嫌な出来事のあとに『おかげで』をつけてみる

7月16日の天声人語より~


朝日新書の新刊『すりへらない心をつくるシンプルな習慣』(心屋仁之助〈こころや・じんのすけ〉著)に「嫌な出来事のあとに『おかげで』をつけてみる」という助言があった。あの失敗のおかげで今があるという風に、著者いわく「チャンスはピンチの顔をしてやってくる」
その時は辛くても、何かの肥やしになったと後で思える体験は多い。すべては癒やせないにせよ、心の古傷に前向きな意味を与え、一歩を踏み出したい。



くしくも、この時の私は松葉杖生活真っ只中。
す~っと心に染み透った感じでした。

まぁもともと、どちらかと言えば、あまりクヨクヨ悩んだり、引きずったりしない方だとは思っていて、今回の足の怪我も「あらっ、やっちゃった~icon24」って程度。
やってしまったものはしかたないので、治療に専念しよう!って感じで。

私は「おかげで」
普通に生活できることのありがたさ、家族の思いやり、心配してくれる友達がいることのありがたさ、などなど再確認。そして、自分がもう若くないことも、、、ちょっとだけ認めざるを得ないicon10そしてそして、期間限定で「お姫さま」気分も味わえたしface03

夫も「おかげで」
忘れかけていた家事の大変さを再認識。私のありがたみも少しは感じてくれたようでface03

そんな夫は、ほうれん草のソテーを葉と茎に分けて違う味付けにしたり、
Tシャツ後ろ前に着てスーパーに買い物に行ったり、、、
いろいろ面白いこともあったけれど、奮闘してくれました。感謝、感謝です!

そして、ご心配いただいた皆さま、ありがとうございました。
おかげさまで、何とか普通に歩けるところまで回復してきました。
あともう少し、、、ってところです。

でも正直なところ、この程度で済んだから、こんなに暢気に言ってられるんですよね、、、

地震や原発、水害、いじめ、、、辛いニュースが続く昨今、
そんな人たちに、「おかげで」をつけてみてとはとても言えません。

でもいつか少しでもそんな気持ちになれるよう、上を向いて踏ん張ってほしいと願います。







関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは!
そうだね~・・・人生どう過ごしていくか・・・楽しく笑うほうがいいね。
今日の新聞の一面の下の本の宣伝?題名。
「前向き」 「61歳から始める 老いても枯れない生き方」
買う気はないけど、読んでみたいちょっと(笑)
うちの男どもの作ったものは食べたことがない!
作ってくれたこともない!
おかげで、しんどい時はホッタラカシに寝かせてくれますが。。。。。(ーー;)

あんこさん、こんにちは。
そうは言ってもなかなかむずかしいよね、、、
「61歳から始める 老いても枯れない生き方」見た見た!
私もちょっと気になったのよ、実は。
えっ、ご主人の料理食べたことないの?
それは近いうちに作ってもらう機会を作らなくちゃ!!!

結構早くに回復したのね・・・・どうしているかな?と手紙を書こうと思っていましたが、何やかやと忙しくなってしまって・・・・笑
無理をしないでくださいな。冬は痛むかもよ・・・骨折と一緒!私は肩の筋肉を肉離れしたんだけれど、夏は平気だったの。冬に、突然痛むのよ。筋肉が加齢で硬くなってきているのよねぇ・・・・笑
お互いに、ゆっくりと過ごそうね!

ようさん、ありがとう。
一応普通には歩けるようになったけど、外出はまだ。
ブログ見てました。
忙しかったみたいね!
ところで、肉離れって、、、そんなに後々まで引きずるの?
知らなかったわ~
しっかり完治させて、気をつけないとね。

本当にその通りですね。
「おかげで」と思うことにより、後ろ向きになりそうな心を立て直すことができます。
人間、一度悪い方に傾くと、負のスパイラルに掴ってなかなか抜け出せなくなります。
でも嫌な思いをしたお蔭で得るものがあるんだと、たとえ小さなことでもいいから気づくことができれば、スパイラルから出られるような気がします。

むーさん、おはようございます。
ほんと、悪い方に傾くとどんどん落ち込んでいきますね。
「おかげで」とまでは思えなくても、スパッと切り替えることが大事ですね。
起こってしまったことはしかたがないし、、、じゃあ次どうしたらいいか?
わかっていても、人間は弱いものですね、、、なかなか
私もまだまだ修行が足りないです(笑)
sidetitleFC2ブログランキングsidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

かなで

Author:かなで
7年前に縁あって奈良の住人になりました。ゆっくり時間の流れる古都奈良の端っこで夫と私とトイプードルのルイタンと3人で暮らしています。

sidetitleアクセス数sidetitle
sidetitle楽天ショッピングsidetitle
sidetitle脱毛サロンエピレsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleお店エリアsidetitle
富雄 学園前 登美ヶ丘 あやめ池 大和西大寺 新大宮 近鉄奈良 JR奈良 ならやま大通り 奈良町 押熊 生駒 京都 大阪 神戸 東京 奈良の名産&お土産