日本一長い路線バスに乗って、日本一大きな十津川村へ

少し前にご紹介した日本一長い路線バスの旅、行って来ましたよ~     

    日本一長い路線バスに乗って、日本一大きな十津川村へ       

路線バスは全長166.9㎞、停留所の数は167、所要時間6時間30分。
高速道路を使わない路線では、日本一の走行距離を誇っています。
奈良県の八木駅から和歌山県の新宮駅まで。
そして十津川村はなんと琵琶湖よりも、そして東京のみなさ~ん!東京23区よりも広い面積なんですよ!奈良県の約5分の1を占めてるそうです。

朝9時半、大和八木のバス停。
意外とお客さん多くて、ちょっとビックリ!
中高年夫婦から若めのカップル、おひとり様の男性、女性が続々と車内へ。


IMG_9300.jpg

八木から乗り込んだ人数は確か30人近くはいたような、、、
運転手さんが人数確認してましたから。
座席は観光バス並みにゆったり。
荷物を乗せる棚もあったので、楽でしたよ。

いよいよ出発進行

IMG_9301.jpg

路線バスではありますが、観光案内のアナウンスもあり、
それとは別に運転手さんも細かな観光案内をしてくれて、ビックリ!?

御所市の街並み。
ここら辺までは数年前に夫と一度来たことがありました。
もちろん路線バスなので、途中途中、一般のお客さんもちょこちょこ乗って来られましたよ。
何だかそれもまた不思議な感じで、、、面白かったです。

IMG_9307.jpg

五條市です。
五條バスセンターで10分間のトイレ休憩がありました。
吉野川を越えた先からは、私は未知の世界

IMG_9308.jpg

そしてバスはあっという間に山の中へ
右を見ても左を見ても

IMG_9320.jpg

吉野を過ぎて十津川村へ入ると、数年前の土砂災害の爪痕があちこちに。
復旧工事も数年たった現在でもまだあちこちで行われている状態で、、、
被害の甚大さを思い知らされた感じでした

IMG_9321.jpg

それと、興味を引いたのは路線バスの停留所名。
とにかく変わった名前を停留所がたくさん。
閉君(とじきみ)は、まぁ読めないこともないですが、
「生子」と書いて何て読むと思いますか?    
「おぶす」って読むんですって~!? おブスじゃないですよ

IMG_9322.jpg

そうこうしているうちに、バスは上野地に到着。
二度目の20分間の休憩です。 はい、ここは「谷瀬の吊り橋」のある停留所。
こちらも旅の大きな目的のひとつ。

こちらの吊り橋もまた、日本一!?
だったのですが、最近?九州のどこかの橋が日本一になったそうで、
正確には二番目だそうですが、、、

FullSizeRender (64)

こんな感じですよ。
遠目からみるとかなりコワそうでしょう~~~

FullSizeRender (65)


20分の休憩でトイレと橋の往復はきびしい?ってことで、 とにかく行けるところまで行こう!と。
私は躊躇することなく先頭切ってズンズン歩き始めました
実際、思っていたよりも橋の幅も広く、人も少なかったので、そこまで怖くなかったです。
が、風でゆ~らゆ~ら、足場の板の隙間から下が見えてブルブルッ
板がガタついていたり、ミシッて音がしたりして、、、なかなかスリルはありましたよ。
半分ちょっと行ったところで引き返してきました。
時間があれば往復したかったけれど、残念、、、

IMG_9338_20170309202912bea.jpg

再びバスに乗り込み、十津川村を南下。
そしてバスに乗り込んでから約4時間半、ようやく目的地の十津川温泉に到着!
    
IMG_9347.jpg

お疲れ様でした! って、思ったほどと言うか、私は全然疲れなかったですね。
小学生の遠足のようにルンルンで楽しんでいたので
運転手さんに「お疲れ様でした。ありがとうございました。」と深々とお礼して下車。

ということで、今日はここまで!続きはまた次回~






関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

わぁ、早速行かれたんですねー😆長旅お疲れ様です😌💓田舎の風景ってホットしますね。
谷瀬の吊り橋意外と大丈夫だったでしょ?!

No title

幸せママさん、こんばんは!

はい、行って来ました~♪
長旅でしたが、私は楽しくて全然疲れた気がしなかったです。

谷瀬の吊り橋、実際に見ると大きいし、幅も広いですね。
村の人が生活に使っているんですものね~
でもちょっとだけコワかったですけどね💦
sidetitleFC2ブログランキングsidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

かなで

Author:かなで
7年前に縁あって奈良の住人になりました。ゆっくり時間の流れる古都奈良の端っこで夫と私とトイプードルのルイタンと3人で暮らしています。

sidetitleアクセス数sidetitle
sidetitle楽天ショッピングsidetitle
sidetitle脱毛サロンエピレsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleお店エリアsidetitle
富雄 学園前 登美ヶ丘 あやめ池 大和西大寺 新大宮 近鉄奈良 JR奈良 ならやま大通り 奈良町 押熊 生駒 京都 大阪 神戸 東京 奈良の名産&お土産