ボストン美術館展・京都市美術館

今日のあだーじょは


京都市美術館で開催中の『 ボストン美術館展 』です。




          ボストン美術館展
            西洋絵画の巨匠たち
        2010年7月6日~8月29日(日)まで開催中


ちょっと久し振りの絵画展でした。
平日の午後から行ったので、待ち時間も無くすぐに入場できましたよ。
さすがに館内は夏休みと言うこともあって多少は混雑していましたが、、、


数あるコレクションの中から、今回は80点の紹介だったので、鑑賞しやすかったですね。

モネ、マネ、コロー、ルノワール、ピサロ、セザンヌ、ロートレックなどなど、、、日本でも馴染みのある絵画だったのでわかりやすかった気がします。



たまにはゆったりとした気持ちで、こうやって良いものを観て、目の保養、心の洗濯をするのも必要ですよねicon12

 心が落ち着いて
    癒されますicon06








この日は幸い曇りがちのお天気だったので、暑さもひと休みって感じで
暑い京都でもわりあい快適に過ごせました。

もちろん、美術館の中は冷房で快適ですし~!
あと1ヵ月弱あるので、是非行って見てはいかがですかicon61

京都は美味しいもの、見どころはい~っぱいですからね~hoshi-02


久し振りに平安神宮の鳥居見ましたicon12
やっぱり大きいわぁ~~icon14



注)上の2点の写真は、買ってきたポストカードですのでicon10


  ボストン美術館展 
関連記事
スポンサーサイト

JACINTHE Cafe ヒヤシンスカフェ・癒しカフェ

今日のあだーじょは

もちいどの商店街を少し入ったところにある古民家カフェ

     『 JACINTHE Cafe ヒヤシンスカフェ 』 さんです。

 


 ここは築100年の茶屋を改装したと言う建物で、入口はいるとこんな雰囲気。
1階ではオーガニックハーブも販売していました。


何だかひんやりする雰囲気で、レトロと言うか不思議と言うか、、、ちょっと普通の古民家カフェとも違った空気が漂います。
2階部分がカフェになっているようで、私は靴を脱いで2階へ、、、 





2階は天井の無い吹き抜けで、レトロな雑貨や本がいっぱい。。。
本と言っても漫画の本が多かったような、、、
そこに若い女の子たちのグループが数名。
オシャベリしたり、本を読んだり、ソファーで寝ていたり
皆さん、かなりリラックスしてる雰囲気icon61


椅子やテーブルもバラバラで、私が座ったのは昭和の応接セット?みたいな雰囲気。

う~ん、何と言うか
ここはホントにほっこり古民家と言うよりは
ひんやり癒しカフェと言う感じ?

 


そして1階部分には
  癒しのハーブティーがたくさんicon75

そしてこの日、、、やってしまいました(汗)
土足で上がるところを丁寧に靴を脱いで上がっていたのです。。。
帰る時に気づいて、、、あ~恥ずかしい(笑)


今後行かれる方へ
  ここは土足で上がってくださいねicon23

  JACINTHE Cafe  
関連記事

入江泰吉記念奈良市写真美術館

今日のあだーじょは

  奈良市高畑町にある美術館

        『 入江泰吉記念奈良市写真美術館 』です。



入江泰吉さんは奈良市に生まれて
奈良大和路の風景、仏像、行事等など約半世紀にわたって撮り続けた昭和の写真家だそうです。



この美術館は黒川紀章氏の設計だそうで
歴史的環境にマッチした落ち着きのある、
そしてなおかつ、とてもスタイリッシュな空間でした。








作品はモノクロのものからカラーのものまで多数展示されていて、
旅行雑誌には載っていないような、奈良の風景がギュッと詰まっているような~
ますます奈良が好きになりました。
ここもあそこも行ってみたい!って気持ちにさせられます。
さすがですね~惹きつけられましたicon06

薄暗い地下から見えるお庭はとても涼しげで
落ち着いた空間でした。



写真に関しては全くと言うほど自信のない私、、、これでも一応、少しぐらいは考えているつもりなのですが、、、
でもこれからは、少しでもそれなりの写真が撮れるように!





プロのカメラマンは「今、このとき!」って言う瞬間があるのでしょうけれど
私たち素人には難しい話なので、せめてアングルだけでも真似たいところです。


作品はもちろん素晴らしいのですが、
これからの季節!
こんな場所へ涼を求めに行くのもいいカも知れませんね!

   

   入江泰吉記念奈良市写真美術館 
関連記事

黒川本家・吉野本葛の老舗

今日のあだーじょは

東大寺門の近く「夢しるべ風しるべ」内にある

      吉野葛の老舗『 黒川本家 』 さんです。



ここは創業1615年に遡る吉野本葛の老舗。
葛のスイーツや奈良の素材をいかした料理がいただけます。


少し前に買って帰った葛ブランマンジェが美味しかったのと、葛を使ったヘルシーそうな創作料理が食べたかったので、ランチでお邪魔しました。
写真は
 『 葛あんかけ丼 』
焼き穴子、手まりもろこし、ごぼうや天ぷらの具に特製葛あんをかけたもの。



そしてこちらは
『 酒蒸鯛の和風葛餡かけフェットチーネ 』

どちらも優しい味付けで食べやすかったですが、パスタの方は味が和風だったので、ちょっときし麺を食べているような感じでしたface03




そしてデザートの
『 葛ブランマンジェ 』
これはマンゴーソース味。
しっとりしていて、ほんのり優しい甘さで美味しいんですよ~icon06
実はほとんどこれが食べたくて行ったようなものです、、、icon61





食欲旺盛の若い人向けではないけれど、ヘルシーでやさしいランチでしたね。
もちろん、この日もブランマンジェ買って帰りましよ。

それにしても
風邪薬で知られるあの葛根湯の葛根って、、、葛の根だったんですねぇ~
体を温めて血行を良くするそうですよ。
それに葛にはイソフラボンが含まれているそうで
体にも良い食材だそうです。
       
        ↑

   恥ずかしながら、こう言うこと、いつも後になって知るんですよね~
         「あぁ~~そうなんだぁ。食べてよかったね!」って感じで、、、

今度は宇陀市にある黒川本家(本店)是非行ってみたいものですicon23








  
関連記事

鐘の鳴る展望台・信貴生駒スカイライン

今日のあだーじょは

信貴生駒スカイラインの夜景スポット

     『 鐘の鳴る展望台 』です。


ここは夜景の綺麗なスポットだったのですね~
何も知らない私たち夫婦は、普通に昼間のドライブで見つけました。
せっかくなのでちょっと行って見ることに、、、

 これがicon12希望の鐘icon12


カップルの幸せを叶える希望の鐘が響くNo.1ビューポイント!
高さ12mの展望台から大阪・奈良をぐるりと一望できる絶好のロケーション。
恋人たちのロマンティック・スポットとしても注目です。
二人で希望の鐘を鳴らし永遠の愛を誓う…まるで映画のシーンのようです。


そんなロマンチックな場所だった、、、ようです。



ご覧の通り、西を向けば大阪が一望、東南を向けば奈良が一望。









昼間でもなかなかの景色でしたよ~
これ、夜だったらほんと綺麗なんでしょうねぇ~icon12







ただ、この展望台、、、ご覧の通り宙に浮いている感じで
メチャメチャこわいんですよicon10








階段を上がる時点からへっぴり腰で手すりにしがみついて
上まで行ったら「手すり無しでは生きては行かれません!」って感じで、、、









これは夫の腕。実は顔は余裕を装っていましたが
ほらっ手すりを握る手が力強いこと!→→→




そして誓いのリング』
ふたりの思い出づくりに
“愛の鍵”「南京錠」が取り付けられると言うモニュメントicon06

、、、だそうです。
ラブラブカップルの方は
ぜひどうぞ~~~hoshi-02

生駒の夜景は確かに綺麗。。。
きっとここからの眺めも格別なんでしょうけど、、、
この展望台、夜だとさらにコワイでしょうねぇ~~icon10icon10icon10

希望の鐘の紐を引っ張りすぎて
鐘の音を生駒山に響き渡らせながら
幸せをいっぱいお祈りしておきました。


 信貴生駒スカイライン
関連記事

郡山金魚資料館・パンチな金魚

今日のあだーじょは

 金魚で有名な大和郡山市にある『 郡山金魚資料館 』 です。




この金魚、、、面白い?でしょうicon61
『 丹頂 』と言う名前だそうで、
もともとは昭和30年頃に中国からやってきたそうですよ。
私はどうも人の顔、、、それもパンチパーマのおじさんに見えてicon10(子門真人似?)
ちょっと気持ち悪かったんですけど、、、


猛暑となったつい先日、私は近鉄郡山の駅に降り立ってしまいましたicon10
奈良に来て未開拓の地はたくさんあるけれど
この日は暑くなりそうだったので、
比較的近い『大和郡山市』へ行ってみよう!と決めました。


でもまさかこんなに暑くなるとは~icon10
ほんのちょっぴり後悔の念を抱きながらも地図を片手に金魚資料館を目指しました。
駅前を通って民家の路地を抜けて行くと、こんな光景が見えてきました。
そうです、この辺り一面、金魚の養殖場なんです。


金魚資料館はやまと錦魚園内に併設されていました。


いくつもの生け簀にはたっくさんの金魚が元気良く泳いでいました。
金魚を見たのも何だか久し振りだったけれど、
こんなに大量の金魚を見たのは初めて。
それにしても色んな種類の金魚がいるものですね~





この金魚もちょっと、、、
水泡が大き過ぎて
何だか鬱陶しそうですねicon10

綺麗な金魚、高級魚
たくさんいましたが
ちょっとインパクトのある金魚だけピックアップしてみました。



    郡山の金魚の歴史はicon57 
郡山の金魚は柳沢吉保の子吉里が甲斐の国(山梨県)から大和郡山の藩主とし
て国替りしてきた時に持ってきたと伝えられいます 。下級武士の内職として飼育し
ていた金魚の養殖技術が、徳川の末期から明治の初期にかけて付近の農家に伝
えられ副業となり、水利の便の地の利を得て養殖が盛んになり日本の主要 産地と
なった。


                  だそうですよbikkuri-01

この資料館、なかなか面白かったんですが、、、
冷房が無かったので、、、暑くて暑くて暑くて、、、
早送りで見てしまいましたicon16

私も金魚のように
水槽に入って泳ぎたかった、、、icon10

   郡山金魚資料館  
関連記事

蕎麦きり 彦衛門・評判のお蕎麦屋さん

今日のあだーじょは

菖蒲池駅から徒歩7,8分のところにある

 知る人ぞ知るお蕎麦の有名店『 蕎麦きり彦衛門 』 さんです。



ここは、まだ東京にいる頃からリサーチ済みでした。
でもまさか家からこんなに近くにあったとは、、、
なんと我が家と道を挟んだ斜め後ろ、、、歩いて1分。
菖蒲池から南に走って蛙股池を右に見ながらぐるりと坂を下ったところ。
ちょっと立地的にはどうなの~?って思うような場所にあるのですが流行っているんですよ~いつも。
お店の外観もとてもシックで洗練された雰囲気。


これは『天せいろう』
お蕎麦は絹引き。
蕎麦はつるっと滑らかで、とても食べやすいですよ。
天然えびの天ぷら
ぷりっぷりで美味しかった!






初めて行った時は粗引きを食べましたが、
すごくコシがあって弾力がありました。
『 男らしい力強いお蕎麦 』って言う感じ。
なので負けずに力強くkamikami
ちなみにこの時は
夫が絹引き、私が粗引きを注文icon10

つゆは濃い目の少なめですが、お蕎麦と合わせるとちょうどいいのです。
そしてビックリするのが、最後に出てくるそば湯
ドロ~lっと濃厚でざらっとした舌触り。
濃い目のおつゆと合わせるとほんとに美味しいんです。


店内は大きなテーブルが真ん中にど~んと置いてあり
他に壁際のカウンター席と4人掛けテーブルが2つ。










インテリアもシックで落ち着いた雰囲気。
かなりオシャレなお蕎麦屋さんですが
味は力勝負!本物ですよ!

関西に来て
こんなに美味しいお蕎麦屋さんに出会えるとは思ってもいませんでしたicon12
しかも我が家から徒歩1分だなんて、、、

奈良で美味しいお蕎麦を食べたい方は
是非我が家へ~(→→→ご案内しますよbotan-05

   蕎麦きり彦衛門
関連記事

私のおすすめブログ・ナラ咲くサイト

今日のあだーじょは

ここナラ咲くサイトでの私のおススメブログその①

        『 きっすいの奈良人 』byメグさん です。

 


 
ナラ咲くブログをやられている方はもう良くご存知ですね。
そう、このブログは
人気ランキングでいつもトップに輝いているブログです。

そしてそのブログの主はメグさんと言う女性。
生まれてこのかたずっと奈良暮らしされていると言うメグさん、
とにかくいろんなこと良くご存知です。

お会いしたこともないのですが
とっても明るくてパワフルで面倒見が良くて、、、
  あねご肌?に違いないと私は思っているのですbikkuri-01


メグさんのブログは、とにかく内容てんこ盛りで
1記事でいろんな情報を伝えてくれます。

 「あっ、そうそう、そう言えばこれも、
      あっ、あれも、、、ついでにこれも~あっ、まだあった!」みたいな感じで。

        
                    (ちなみに私はチビチビ小出しにしておりますがicon10

自然、行事、歴史、題材もバラエティー豊富で読者を飽きさせません。
写真も上手なんですよね~!
そして素晴らしいのが、さり気なく他の方のブログを紹介していることicon12

そう言えば、
私がブログを開設して初めて記事を書いた時
いちばんにコメントをくれたのもメグさんでした。

ほんとうに優しい気配りの出来る素敵な人なのですicon06

ブログのサブタイトルである
  『 奈良の良さをもっと知りたい♪知らせたい ♪
              一緒に 奈良を楽しみませんか 』


まさにそのものです。


同じさそり座なのに、こうも違うものか、、、と思ってしまう私です。。。
が、私は私icon10

とてもメグさんのようには行きませんが
これからもメグさん始め、いろんな方の素敵なブログに刺激を受けながら
チビチビ頑張って行こうと思う今日この頃なのでありますicon22





注)写真のひまわりはメグさんとは何の関係もございません。
  ご本人の写真が無いので、、、先日撮ったひまわりを、、、

          でも、何となく、メグさんって
          青い空に向かって元気に咲いている
          夏のひまわり」のような気もするのですicon01










 
関連記事

カフェ リノワ・ほっこり古民家カフェ

今日のあだーじょは

奈良市の白毫寺からほど近いところにある

   隠れ家的古民家カフェ『 カフェ リノワ 』 さんです。



はい、先日「えんまもうで」の帰りに行って来ました。

白毫寺からの帰り道で、ほんとにすぐ近くと言う感じ。でも、周りはほとんど普通の民家なので人通りはどちらかと言えば少なめ。
この隠れ家のようなノスタルジックな古民家で850円と言うリーズナブルな値段で日替わり定食がいただけると言うので、お昼はここ!と決めていましたbikkuri-01





靴を脱いで玄関を上がるとすぐに和室が見えました。まだお昼も早めだったので空いているのかなぁ~と思っていたのですが、、、どうやら奥の広い和室はすでに満席の様子icon10



そしておひとり様の私が案内されたのは、この廊下の左側、窓際のカウンター席でした。   ↓








う~ん何だかちょっと「廊下に立ってなさい!」気分??? って、そんなことも無いか、、、などと自分で自分を慰めながら座ってみると、、、
   
何と言うことでしょう~

そこは窓から庭の木々や古民家が見え、優しい木漏れ日のふりそそぐ
『窓際の特等席』ではありませんか~icon12(笑)
但しここは2脚しか椅子がないので、おひとり様かお二人様しか無理ですよface03



そして本日の日替わり定食、、、メインはタンドリーチキン。






風味豊かな香辛料が食欲をそそります。つけ合わせの夏野菜も美味しい味付けで、私にしてはめずらしく完食ですicon22

 


そして食後の珈琲にはひとくちサイズのケーキ付きicon61(このプチ感がまたウレシイ)

ひとりのんびり外を眺めながらのお昼ご飯。何故かと~っても落ち着く空間でした。
(立ってなさい!なんて言ってゴメンナサイ、、、) 



奥にあるメインの和室、、、

やっぱり気になるんだけど
見えそうで見えないicon10

食事が終わった頃に
ようやく和室の席も空いたらしく
親切に案内してくれましたが、、、
もうこちらも帰る時間だったので、、、



本もたくさん置いてあったので
読書しながらティータイムも
心地良さそうですねicon70


  カフェ リノワ
関連記事

nima ニーマ・ふんわりアジアンスタイルな店 

今日のあだーじょは

 奈良市高畑町にある優しいアジアンスタイルのお店

           『 nima ニーマ 』さんです。

 


ここは少し前に紹介した『 満月アンティーク 』さんの並びにあります。



偶然通り掛かって
あらっ?ちょっと感じイイお店かも?と思って入ってみることに、、、



基本はアジアンスタイルなのだけれど
ナチュラルテイストもミックスされて、ふんわりアジアンな感じ?icon52



小物やアクセサリーもたくさん並んでいて
夏の小麦色の肌に似合いそうなものがいっぱいicon61
値段も手ごろなので、、、ついついあれもこれもとicon10

涼しげなパンツやチュニックはこれから大活躍してくれそうですね。
と言うことでタイのパンツもお買い上げicon10




家に帰って気づいたのですが
こんな可愛い布テープが付いていましたhoshi-02


  nima ニーマ
関連記事
sidetitleFC2ブログランキングsidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

かなで

Author:かなで
7年前に縁あって奈良の住人になりました。ゆっくり時間の流れる古都奈良の端っこで夫と私とトイプードルのルイタンと3人で暮らしています。

sidetitleアクセス数sidetitle
sidetitle楽天ショッピングsidetitle
sidetitle脱毛サロンエピレsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleお店エリアsidetitle
富雄 学園前 登美ヶ丘 あやめ池 大和西大寺 新大宮 近鉄奈良 JR奈良 ならやま大通り 奈良町 押熊 生駒 京都 大阪 神戸 東京 奈良の名産&お土産