北海道旅行その4・Cafe ゴーシュ「しあわせのパン」ロケ地

長男家族の暮らす月浦にとっても素敵なカフェがあるんです。
お店の名前は 『 Cafe ゴーシュ 』 さん。



長男の家から歩いて10分くらいかなぁ~?
洞爺湖を右に見ながらゆるい坂道を上がって行った丘の上icon75





このお店は、今年上映された(今でも上映中)、原田知世と大泉洋主演の映画
『 しあわせのパン 』 のロケで使われたお店です。




映画の監督さんは、月浦で見た洞爺湖がはっとするほど美しくて、まさに非日常の風景で。そのとき、ちょっと心が欠けている人々がこの風景の中で満たされていく映画を作りたいと思ったそうですよ。



綺麗なんです~ほんとicon12
誰もいなかったら泣いてしまうかも知れないくらい心安らぐ景色で、、、
残念ながらこの時は嫁ちゃんも母もいたので笑いこけていましたけどねface03

何だか映画の宣伝みたいになってしまったけれど、
この映画のパンカフェのモデルになったお店が「ゴーシュ」さん!

こちらは映画の前から、洞爺ではとっても人気のカフェみたいですよ。
もともと、やはりパンカフェだったようですが、今はパンの販売は休止されているとか、、、

でも、店内では美味しいパンや自家製ケーキがいただけます。
大きな窓から見える洞爺湖の景色、、、切り取って持って帰りたいくらいでした。

「しあわせのパン」はあまり大々的には上映されていなくて、この時はまだ観ていなかったんですが、奈良にもどって調べてみると、ちょうど大阪(千里中央)で上映されるとのこと。
昨日、観てきました。

映画はパンカフェを営む1組の夫婦と店をおとずれる人々の人生を描いた、心温まる物語。ひとりではできないことも誰かと一緒ならできる、喜びもつらいことも分け合うことが幸せ、、、ほのぼのとした良い映画でした。

私はスクリーンの向こうに月浦に住む長男家族を重ね合わせていたのでなおさらかな!

Cafe ゴーシュ
住所 北海道虻田郡洞爺湖町月浦150-2
TEL 0142-75-2554
営業時間 11:30~17:00(L.O.16:30)
     ランチ営業、日曜営業
定休日 月曜日&火曜日(祝日の場合は営業)









スポンサーサイト

北海道旅行その3・真狩村の水と豆腐と細川たかし&ニセコランチ

旅の3日目はみんなでニセコ方面へicon17



お天気が良ければ蝦夷富士とも言われている羊蹄山が見えるところなのに
生憎の曇り空でちょっと残念。

まずはニセコの途中にある真狩村の『 羊蹄の湧き水 』
羊蹄山の麓に湧き出る名水だそうで、たくさんの人がペットボトルをもって美味しいお水を求めてやって来ていました。







隣接してある『 湧き水の里 』では、美味しい湧き水でいろんな種類のお豆腐を造り販売しています。どれもみな試食が出来るようになっていたけれど、種類が多すぎて~~
でも、試食したのはみな美味しかったですよ!



試食もほどほどに、次に向かったのは『 高橋牧場 ニセコミルク工房 』
美味しい乳製品やスイーツ、雑貨のお店もあって、修学旅行生などで賑わってましたよ。



お昼ごはんはミルク工房のちょっと先にある『 Cafe こむぎ野 』さんへ
可愛い天使ややわらかなお人形に囲まれて、大自然の恵みがいっぱい詰まったランチプレートをいただきました。こちらもどうやらかなり人気のお店みたいでした。



そして帰り道、嫁ちゃんと私の希望で立ち寄ったのがここ!

             『 細川たかし記念像 』



そう、ここは細川たかしさんのふるさとなんですよね!
本物そっくりの像も見事だけれど、土台の横にある手形に手を重ねると、
細川たかしの熱唱が聴けると言う素敵な像でicon61

2歳の孫っちの手の届くのがちょうど左下あたり。曲は「浪花節だよ人生は」
面白がって何度も同じところに手をやるので、

   チャチャンチャ チャッチャ~チャ ポンポンポンポンポンポンポンicon61
   
   

    のどかな真狩村の昼下がりに何度も響き渡って、みんなで大笑いface02

この日もお腹いっぱい、笑顔いっぱいの1日でした。



続きはまた、、、
まだもうちょっと続きます(笑)



北海道旅行その2・cohumと美術館とファーム

一夜明けた2日目は嫁ちゃんもお店がお休みなので、みんなでランチへ

嫁ちゃんが、私が好きそうなお店じゃないかと?ってチョイスしてくれたのが、
洞爺湖畔にある素敵なカフェ 『 cohum コハム』 さん。




はい、確かに~外観からして私好みicon12
この建物、かつてはドライブインや不動産屋さんだったそうで、、、
それがオーナーさんのセンスでこんな素敵なカフェにicon12



優しい木のぬくもりとやわらかなアイスブルー、ミントグリーンが見事にマッチして、
爽やかな、、、でもどこかノスタルジックな雰囲気でと~ってもいい感じicon75
そこに溶け込むように並んでいるアンティーク雑貨もステキでしたよ。



いただいたのは、地場産野菜を使った彩りきれいな「コハムランチ」
これに玄米ごはんと1品がつきます。ヘルシーで美味しかったですよ。別に頼んだデザートも~face02

オーナーさんも気さくで素敵な女性で、とっても居心地のいいカフェでした。さすが嫁ちゃん、素敵なカフェをチョイスしてくれてアリガトウ!

本当はカメラNGだったみたいですが、特別にOKしてもらったようで、、、スミマセン。



そのオーナーさんのおススメで次に向かったのは、
洞爺湖畔にある『 洞爺湖芸術館 』





平成20年に開館したこの美術館は旧洞爺村役場庁舎を改築した建物だそう。
重厚でレトロな雰囲気で素敵でしたよ。
館内には北海道の彫刻家・砂澤ビッキと言う人の木を素材にしたダイナミックな作品や
小型彫刻公募展「洞爺村国際彫刻ビエンナーレ」のユニークで斬新な作品などが展示されていて、
とっても楽しめました。孫っちのようなチビッコも楽しめる美術館でしたよ!

で、続いて向かったのは 『 レークヒル・ファーム 』
羊蹄山とニセコの山を望む洞爺湖畔の丘の上にある牧場のジェラート&レストランです。



「ザ・北海道!」っていう感じでしょうicon75














孫っちたちは、「メイメイ、うさぎちゃん!」って大喜びicon61
人気のジェラートも美味しかったぁ~!

このあとは息子たちの家へ寄ってのんびり。

子ども部屋で懐かしいものを発見!
そう、夜なべして泣きながら作った、、、あの、ウォルドルフ人形2体bikkuri-02

まさかこんな形で再会するとは、、、icon10

って、まぁ予想通りの姿でしたけどね、、、
またちょっと泣きそーかも?(笑)

孫っちたち、今はシールに夢中みたい!



と言うわけで続きはまた・・・





cohum コハム

洞爺湖芸術館

レークヒル・ファーム

北海道旅行 その1・洞爺湖温泉

一週間のご無沙汰です(笑)

先週は実家の母を連れて長男家族が暮らす北海道に行ってきました。



長男家族が暮らしているのは、洞爺湖畔の月浦。
今年、「しあわせのパン」と言う映画のロケ地になったところです。
北海道なので当たり前と言えば当たり前だけど、とにかく緑いっぱい!
大自然に囲まれた素晴らしいロケーションicon74気持ちいい~~~face02

そしてあのチビッコギャングたちとも8ヶ月ちょっとぶりの再会。ずいぶん成長してましたface08
すっかりお姉ちゃんになった上の子とオシャベリが出来るようになった下の子。


とりあえず一番に向かったのは、嫁ちゃんの働くカフェ 『 コバコ 』 icon17

カフェに向かう車中は孫っちの大合唱とオシャベリで賑やかぁ~~~face03
「マルマルモリモリ」が永遠終わらないicon10

ほどなくして『 コバコ 』 に到着。



うんうん、写真では見ていたけれど、なかなか可愛いカフェです。
店内には店主おススメの食材や本がたくさん並んでいました。



人気のチーズケーキはすでに完売していたので、チーズタルトとタンポポコーヒーを注文。
どちらも美味しかった~face02
おかげさまで、お店も繁盛しているようで、、、よかった。

初日はそのままホテルへ
今回お世話になったのは、洞爺湖温泉にある『 湖畔亭 』
目の前が洞爺湖と言う申し分のないロケーション。







洞爺湖ではこの季節ロングランで毎夜花火が上がるんです。
時間にしたら20分くらいですが、なかなか楽しめましたよ。

































と言うわけで初日はこんな感じで終了。

久し振りに長男家族にも会えて、ゆったり温泉にもつかり、美味しい料理に舌鼓。
旅の疲れもあって早々にお布団へ。
宵っ張りの母は、何時に寝たのやら?

続きはまた明日、、、


湖畔亭


白い衣装完成しました・フラワーフェスティバル

北海道に住む嫁ちゃんからの依頼の品

             『 孫っちの白い衣装 』 完成しましたicon10



「春の妖精、花の妖精、フレアー、ふんわり~」なイメージになってるかなぁ、、、icon10
って、ちょっと違うか?face07
フリフリひらひらは嫁ちゃんも私も苦手なので、、、こんな感じになっちゃったけど。

白いリネンに薄いレース生地でヨーヨーキルトのお花や葉っぱをくっつけたんですけどね、、、
後ろには大きなリボンがついてます。

そして弟っちはこんな感じ。
オフホワイトの長Tにデコレーションしてみましたicon75
後ろには大きな木と鳥がicon74
下はリネンのワイドパンツで。



支離滅裂?ちょっとヘンかしら?icon10
ヘンと言われてもねぇ、、、もう、送っちゃったし。
まぁ、1日限りの衣装だから、、、これくらいで勘弁してもらおうicon16



夕方、北海道から電話が!
無事に届いて、ちゃんと着れたみたいで、ホッとしました。
嫁ちゃんも孫っちも気に入ってくれたようでヨカッタ、ヨカッタicon06
そして嫁ちゃんからの最後のひと言「来年もまたお願いしまーーーす!」だって~~~
face08face07face06face04


頭の中が真っ白に、、、

昨日の昼下がり、北海道の嫁ちゃんから爆弾メールface08

何でも今月の26日に孫っちの幼稚園で『 フラワーフェスティバル 』 っていうイベントがあるそうで、全員が白い衣装で参加しなくてはいけないらしくて。

子ども用の真っ白い洋服を探しているけどなかなかないらしく(まぁ、そうよねぇ)
お友達に「あだーじょさんに頼んだら~!?」と言われたそうなicon10
(もう~~~お友達ったら!軽はずみな言動を、、、笑)
と言うわけで「よければ、ちょちょいのちょいで作ってもらえませんか~?」って、、、
「ちょちょいのちょいって~~~!!!」って抵抗はしたもののface07

可愛い孫っちのためなら作らないわけにはいかなでしょう。
もれなく付いてくる弟の分もicon42
はいはい、もちろん、喜んで~icon10


と言うわけで、家にある白い生地と言う生地を徹底捜索icon16
白い生地!白い生地ねぇ?まぁなくもないんだけれど~
北海道はまだちょっと肌寒いだろうし、、、











生地が薄すぎたり、足りなかったりで、、、手持ちの生地では無理そう。

希望は?と聞くと、
ナチュラルな感じで、フレアーなふんわりした感じicon12
イメージは、春の妖精さんとか花の妖精さんみたいな~だそうで。

もう、、、これぞまさしく、頭の中が真っ白状態ですface07

「シロイキジ、ハルノヨウセイ、ハナノヨウセイ、フンワリ~、シロイキジ、ハルノヨウセイ、ハナノヨウセイ、フンワリ~、シロイキジ、ハルノヨウセイ、ハナノヨウセイ、フンワリ~、シロイキジ、ハルノヨウセイ、ハナノヨウセイ、フンワリ~、シロイキジ、ハルノヨウセイ、ハナノヨウセイ、フンワリ~、」

        と呪文のように唱えながら今から本屋さんと布地やさんへ行ってまいりますicon16icon16icon16


私って、ひょっとして「姑いびり」されてる?気のせい?(笑)
うそうそ、嫁ちゃん!そんなことはこれっぽっちしか思ってないからねface03





小箱 コバコ・洞爺湖町のオーガニックカフェ

昨日は温かいお言葉ありがとうございました。
細く長~くがんばります!

と言うことで、今日はビッグニュース!
奈良からはちょっと遠いけれど、、、北海道ネタですface02

北海道の洞爺湖町に優しいオーガニックカフェが誕生しましたicon12

          お店の名前は 『小箱 コバコ 』 と言います。



実はここ、嫁っちの双子の妹ちゃんのお店なんです。
22日にオープンしたばかりの洞爺湖町のニューフェイス!
オープンから嫁っちも手伝って、ただいま奮闘中icon10だとか、、、face02



ナチュラル志向の妹ちゃんらしい優しい店内です。
地元の食材を使った、オーガニックコーヒーやキッシュなどの軽食がいただけるそうです。
ガラスのショーケースにはテイクアウトのお菓子やこだわりの食材が並んでいます。
こだわりの絵本や雑誌も置いているのだとか、、、



地元の新聞でも紹介されたようで→
北海道新聞にも大きく写真入りで!




こちらがオーナーで作る人、、、小織ちゃん。    こちらは運ぶ人、、、嫁っちicon70
すっかり店主の雰囲気~               ニコニコ笑顔でお客さまをお出迎え。




カフェの前には洞爺湖町小公園と言うキャンプの出来る広い公園があって、
美しい洞爺湖も一望できる素敵なロケーションだそうで、、、
良い所みたいですよ!




これからの季節、北海道はいいですよね~icon75

スタートしたばかりのまだまだ未熟な二人ですが、
みなさまに愛されるお店になれるように頑張ってほしいと思っています。
陰ながら応援しています。

全国のみなさ~ん!
もし洞爺湖方面に行かれることがありましたらぜひぜひお立ち寄り下さいね!(と大々的に宣伝しておきますface03

と言うか、、、私も早く行ってみた~い。


小箱 コバコ
住所 北海道虻田郡洞爺湖町洞爺町145
TEL 090-6850-1289
営業時間 11:00~17:00(LO16:30)
定休日 水曜日・木曜日


孫っちのリクエスト・ウォルドルフ人形の洋服

ウォルドルフ週間が終わってホッとしたのもつかの間?
でもないけれど、、、

孫っちとの電話で、毎日お人形で楽しく遊んでくれてる様子。
寝るときも一緒だそうで、、、
でも、、、
「パンツはいてないの~icon11パジャマもないから!」
「ねぇ、〇〇こさん作って~~~bikkuri-01

やっぱりそう来たかicon10
時間の問題でこうゆう依頼が来ることはウスウス感づいてはいたけれど、、、

実はちょっと待っていたかも?なんて思いも無くもなくface03

早速、ルンルン気分で布地選び(我が家のストックから)
まず、女の子用の下着が完成!




着替えも作り、パジャマも作り、男の子用の下着も、、、icon10






















途中、あわててこんな失敗をface07
実はあわててなくてもたまにやるけれど、、、これ、イーッ!となります。
裏表間違えて合わせちゃった!ってやつ。。。



せっかくだからお洋服もicon12なんてあれこれやっているうちに、、、

こんな山がぁぁぁ~!!!




これで夏までは当分大丈夫かな、、、

そろそろ、人間の洋服が作りたくなってきましたicon10

ウォルドルフ人形完成しました~!

『 ウォルドルフ人形 』何とか無事完成して、
2月29日の最終便で北海道にいる孫っちのところへ送りましたicon27
今日の午前中には届くはずなんですけどね、、、

こんな感じに出来上がりましたface02




       「血と汗と涙と手あかの結晶です!」

って、ちょっとオーバー?まぁ正直、汗と涙は流してませんけど、
血は流しました(何度も太い針を手にブスブス刺してバンドエイドのお世話に)
手あかもicon10(何度もさわっているうちにうす汚れた感アリ?血もちょっとついちゃったしface06

ほんっっっと大変だったんですよ、これ。
何しろ時間がない上に、腕がないものだから、、、

でも楽しかったなぁ~face02
ある時は、〇デランスの社員にでもなったつもりで植毛、植毛。
ある時は、カリスマ美容師になったつもりで髪をカット♪
またある時は、カーネーションの糸子のように立体裁断をして、一心不乱にミシンがけ。
(ムチャな納期でも引き受ける、、、ほんと糸子そのものだわ、ワタシ!なんて思いながら)
そしてある時は、手作り革職人になったつもりで、靴作り。





























                                             
                                                    
                                                                 
                                                                                                                                                                                                                                 

                                            ↑             
                                      何でバナナかって?
                                      深く追求しないでください。
集配のギリギリ10分前までゴチャゴチャやっていたので、
可愛いラッピングの予定も、袋が小さ過ぎて入らず、結局、急きょ白いゴミ袋にicon10
お人形さんを抱っこして感慨にふける暇もなく、髪をとかす暇もなく、
失敗作も途中のものも、とりあえず段ボールに詰め込んでギリギリセーフicon10
少々難あり?いえいえ多々難ありだけれど、まぁ~しょうがないですface07

まっ、とにかく出来るところまでガンバリマシタface02
クッタクタです。

でも決して嫁ちゃんを恨んだりしてないですよ(笑)
もちろん、ハメられたとも思ってないですけどね、、、ちょっとだけ?face06

うそうそ、可愛い孫っちのためならこれくらいのことしますって~icon06
時間に余裕があれば、もっと上手に作ってあげられたのに?、、、残念。

今頃、手元に届いて喜んでくれているかなぁ~?

どうしよう、、、
「もっといっぱいお洋服作って~!」なんて言われたらface07icon16


それにしても、今年がうるう年でよかった、、、(一生忘れないよ、うるう年様様様icon11



ウォルドルフ人形製作中

昨日の続きです、、、 
ただいま『 ウォルドルフ人形製作中 』

キットが届いたのが火曜日。
手強い羊毛と格闘して2日半、、、

まずは手足ができました。



これ、簡単そうに見えて、意外と力は要るし大変な作業icon10

そして大事な頭も何とか完成。
頭の下の部分は胴体に入る胸です。



顔部分は羊毛にガーゼをかぶせて、タコ糸で顔の凹凸を作ってます。
これがなかなかむずかしくて、、、face07
何とか顔っぽくなったかなぁ~?なんて眺めていると、

これだけ見た夫、「ん?これは?」
「 頭じゃーーー、ボケ!」(とは言ってませんけどね)
普通、足に見えます~これ?豚足じゃないっつ~の!(笑) 

そして最大の難関。
胴体を作って頭と合体させます。



胸部分が大きすぎたのか?なかなか入りません。。。
羊毛を調整しつつ何とか押し込んで縫製。
この縫製が大変なんてもんじゃなくて、、、
羊毛の弾力と力づくの勝負icon10

もう縫い目なんて気にしてられません。
B型縫い?大いに発揮して何とか合体に成功icon22
「つけばいいよね!いいのよつけば」とひとり言を言いながら何とか、、、



あとは顔と髪の毛だ、、、
ちょっと毛糸をのせてみると、こんな感じ。




ってなわけで、今日はこれから髪の毛作り。
今日中に終わるかなぁ~?
でも終わらせないと!!!

まだまだ洋服や小物作りがあるのですicon59
そう、これはお人形本体だけのキットなんです。

お人形さんの洋服作り、、、
ほんとなら楽しい時間なんだけど、今回は時間がないのでね。
家にある布とデザインが頭の中ぐるぐるまわってます。

おっと、その前にヘアースタイルどうしよう~?


sidetitleFC2ブログランキングsidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

かなで

Author:かなで
7年前に縁あって奈良の住人になりました。ゆっくり時間の流れる古都奈良の端っこで夫と私とトイプードルのルイタンと3人で暮らしています。

sidetitleアクセス数sidetitle
sidetitle楽天ショッピングsidetitle
sidetitle脱毛サロンエピレsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleお店エリアsidetitle
富雄 学園前 登美ヶ丘 あやめ池 大和西大寺 新大宮 近鉄奈良 JR奈良 ならやま大通り 奈良町 押熊 生駒 京都 大阪 神戸 東京 奈良の名産&お土産